• HOME
  • JIO住宅かし保険のご案内

JIO住宅かし保険のご案内

その不安、私たちが解決します!

彩工舎では施工中や工事完了後に、第三者の検査員が現場を検査するから安心!
それが【JIO住宅かし保険】なんです。

お住まいのリフォームを行ったのち、不具合が見つかる事を瑕疵(かし)といいます。

不具合とは、契約通りの施工が行われていない部分や、一般的に必要な機能や品質が備わっていない部分から生じる問題をさします。

かし保険に加入するのは私たち施工者側です。
かし保険は1案件ごとに加入します。

かし保険に加入することで、瑕疵(かし)が発生しないように、第3者が施工箇所の点検を行い、問題が無いことを保証する仕組みになっています。
私たちは【株式会社日本住宅保証検査機構(通称JIO)】のかし保険に加入しています。

建築士の資格を持ったプロの検査員が工事の検査をします。

リフォーム工事に自信があるから、第三者の検査も自信を持って受けられます。
しっかりとした施工がされていないと、水漏れで柱や床をいためてしまうなど、工事をした箇所以外にも影響するようなこともあります。

JIO住宅かし保険適用の工事では、リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者の検査員が現場を検査します。
お客様では分かりにくい工事の内容をプロの検査員の目でチェックするので、施工ミスの防止に役立ちます。


工事後の不具合が発生した場合、修理費用がサポートされます。

工事の不具合が原因で修補が必要な場合に、その修補にかかった費用が保険金として住宅事業者に支払われます。ですから、必要な修補工事が確実に実施されます。


施工業者が倒産した場合でも、保険金の請求ができます。

万が一、施工業者が倒産した場合でも、工事を発注した管理組合から直接、かし保険法人に保険金を請求することができます。

JIOリフォームかし保険

請負契約に基づき工事を実施した部分が保険の対象となります。
保険期間は不具合の発生箇所と原因(事故となる事由)により異なります。

①構造や防水については保険期間が5年間となります。
※ただし、事故となる事由の「その他」に起因した損害については1年間となります。
②その他の場合(社会通念上必要とされる性能を満たさない場合)は保険期間が1年間となります。

詳しくはお問い合わせください。

保険金支払限度額

最高1,000万円を支払限度額とします。請負金額に応じて100万円~1,000万円まで選択できます。

JIO大規模修繕かし保険

1住棟の延床面積が500m2以上または総階数が4以上の共同住宅(一部が店舗等の共同住宅を含む)の共用部分(賃貸住宅にあっては居住者の共用に供する部分)に実施する改修工事が対象になります。

保険対象工事に構造耐力上主要な部分の工事が含まれる場合は、耐震基準を満たしているか、大規模修繕工事によって耐震基準を満たすものとします。

※1住棟の延床面積が500m2未満かつ総階数が3以下の共同住宅(一部が店舗等の共同住宅を含む)の共用部分の改修工事については、『JIOリフォームかし保険』の対象となります。
詳しくはお問い合わせください。

保険金支払限度額

保険対象工事の請負金額をカバーする金額を、保険期間を通算しての支払い限度額とします。
例えば、工事請負金額が2,300万円であれば支払限度額は3,000万円、工事請負金額が5,500万円であれば支払限度額は6,000万円となります。


  • 住宅診断
  • リノベーション 東京 彩工舎
  • JIO住宅かし保険のご案内
  • 彩工舎 東京 リノベーション
  • 彩工舎 リノベーション 東京
  • 東京 彩工舎 リノベーション