省エネ、断熱

彩工舎は、家全体の省エネ・断熱性の最適バランスを把握し、通風・換気を含めた快適な温熱環境を設計します。

建物内外の熱交換の仕組み

建物内外の熱交換の大部分は、窓を通して行われています。したがって、壁面を断熱しても窓の断熱性能が低いと意味がありません。

また、冷暖房も壁面より窓の熱損失が大きいので特に、窓の断熱性に注目しながら建物全体の断熱性を考慮します。快適な住まいを考える上で換気は、無視できません。

平成15年に新築住宅には、24時間換気システムを設置することが義務付けられましたが、リフォームにおいては、あまり重要視していないように見受けられます。結露、シックハウス症候群を防ぎ、快適な住宅を設計する上で必要換気量の計算を行い計画します。

吹付発泡ウレタンによる断熱

木造ではグラスウールの充填が一般的ですが、木造用の吹付発泡ウレタンで施工することにより 気密性の向上、施工によるばらつきが少なくなり、より効果の高い断熱性が実現できます。

次世代省エネ基準を満たす住宅

次世代省エネ基準とは、住宅の性能を向上させることで、冷暖房によるエネルギー消費量を削減することを目的に定められた基準です。断熱改修工事などを行うことで基準を満たすことができます。

例えば、次世代省エネ基準を満たす住宅にすると、年間の冷暖房にかかる電気代を最大60%削減することができます。


  • 住宅診断
  • リノベーション 東京 彩工舎
  • JIO住宅かし保険のご案内
  • 彩工舎 東京 リノベーション
  • 彩工舎 リノベーション 東京
  • 東京 彩工舎 リノベーション